カウチサーフィン

海外旅行をする際に、ホテルには泊まらずに、
現地の人の家に泊めてもらうという方法があります。

カウチサーフィン(Couch Surfing)は、
インターネット上で、「うちに泊まってもいいよ」
と、自分の家を開放している人たちのグループで、
2004年に立ちあがって以来、
欧米を中心にして、世界中にネットワークが広がっています。

日本でも5000人ほどが登録しており、
全世界では200ヶ国以上に数百万人のメンバーがいて、
毎年その数は増え続けているそうです。

カウチ(couch)は、「片ひじ付きの長椅子、ソファ」のことで、
サーフィン(surfing)は「波乗り」ですから、
「他人の家のカウチで寝ながら、転々とする」
というところから名づけられたようです。

利用するには、まず登録して、行き先で泊めてくれる人を検索し、
その人に直接連絡すればいいというだけです。
しかも、食費の一部を除いて、無償が基本となっているのです。

ちょっと無防備そうな感じがするかも知れませんが、
実際にはほとんどトラブルは起きていないのだそうです。

興味がある人は、このサイトを覗いてみてください。
カウチサーフィン(CouchSurfing)
http://www.couchsurfing.org/
ただ、残念ながら今のところ日本語には対応していません。



スポンサードリンク

posted by トラベラー at 17:43 | カウチサーフィン

ドバイ(U.A.E)基本情報

【ドバイ(U.A.E)の基本情報】
U.A.E (United Arab Emirates) はアラブ首長国連邦のことで、
ドバイは、アラブ首長国連邦を構成している7つの首長国の
うちのひとつです。

名称: アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)
     「アブダビ」「ドバイ」「シャルジャ」
     「アジマン」「ウム・アル・カイワイン」
     「フジャイラ」「ラス・アル・ハイマ」
      以上7つの首長国で構成されています。

面積: 約8万3600平方キロメートル
    (北海道と同じくらいの大きさ)

首都: アブダビ(Abu Dhabi)

時差: −5時間(日本より5時間遅い)

人口: U.A.E全体で約450万人、
    ドバイの人口は約150万人ぐらいで、
    そのうち、地元のアラブ人が約20%、
    インド、パキスタンなど外国人が約80%を占める。
    
宗教: イスラム教96%(スンニ派80%、シーア派16%)

言語: 公用語はアラビア語ですが、英語が広く使われています。

通貨: ディルハム Dh (Dirham) 1Dhで約30円

電圧: 220/240V 周波数は50Hz

気候: 日本のようなはっきりとした四季はなく、
    4月から10月が夏で、
    7〜8月には40度を超える日もあります。
    湿度が高いのでとても暑く感じます。
    11月から3月が冬にあたります。
    日中は20度ぐらいあるのですが、
    朝晩は10度ぐらいになることもあります。
    雨は年間を通じてほとんど降りません。
    旅行をするなら12月から3月の間がおすすめです。
            
日本からのフライト時間: 約10時間
            (関西空港からの直行便の場合)

ビザ: 30日以内の滞在なら不要
    パスポートの残存期間が3ヶ月以上必要

ショッピング: 大型ショッピングモールのほか、
        ゴールドスーク、スパイススークなど、
        スークと呼ばれる市場があります。
        
グルメ: アラビア料理をはじめ、欧米諸国やアジア、中南米など
     世界各国の料理が楽しめます。

観光スポット: クリーク、ドバイ博物館、ヘリテージビレッジ、
        シェイク・サイード邸、ジュメイラ・ビーチなど。

チップ: サービス料がついていないレストランなら10%程度、
     ホテル等で特にサービスを受けた時は5〜10Dh程度。
     コインのチップはあまり良くありません。

スポンサードリンク

posted by トラベラー at 10:05 | ドバイ旅行

ドバイ旅行その5

《5日目最終日》
いよいよ今日はドバイを離れる日。
午前中は最後の仕事を片付けました。
ちょっと早めでしたが、夕方の5時には空港へ向かいました。
帰りの便もシンガポールで乗り継ぎになります。
飛行機の時間は午後8時。
ドバイ国際空港は、関空や成田と違って市内にあるので便利です。

town4.jpg

airport1.jpg

午後6時過ぎ、ドバイ国際空港に着きました。
相変わらず、大勢の旅行者で混雑していました。
チェックインを済ませ、出国手続きを終えると、
搭乗までの間、免税店でおみやげを買い、
カフェでコーヒーを飲んで過ごしました。

ドバイへ行くのには、いろいろなルートがあります。
エミレーツ航空なら関空からドバイまで直行便があり、
カタール航空は、関空〜ドーハ〜ドバイ、
タイ航空は、関空〜バンコク〜ドバイ、
マレーシア航空は、関空〜クアラルンプール〜ドバイ、
そして、今回利用したのがシンガポール航空です。

シンガポール航空のチケットは、
いわゆるストップオーバーができるものでした。
ストップオーバーというのは、
乗り継ぎ地で24時間以上滞在できるというもので、
要するに、行き、帰りのどちらかでシンガポールに滞在することが
できるというものです。

airplane01a.jpg

今回のドバイ旅行は仕事半分だったので、
思うようにあちらこちらをウロウロすることができませんでした。
せっかくストップオーバーができるチケットだったので、
急きょ、シンガポールで2〜3日泊まることにしました。

慌ただしかった今回のドバイ旅行でしたが、
次回は仕事抜きでゆっくりと楽しみたいと思いながら、
ようやく飛行機に搭乗しました。
やがて飛行機はドバイの空を飛び立ち、
一路シンガポールへと向かったのでした。

スポンサードリンク

posted by トラベラー at 19:53 | ドバイ旅行

ドバイ旅行その4

《4日目》
午前中は仕事をして、
ランチはクリーク沿いのレストランで食べました。

rest1.jpg

rest2.jpg

ドバイはアラブの国なので基本はアラブ料理なのですが、
何しろ人口の80%が外国人であり、
しかもさまざまな国の人が住んでいるということで、
世界各国の料理を楽しむことができます。
アラブ料理というと日本ではあまり馴染みがありませんが、
結構日本人の口には合うと思います。

beach1.jpg

beach2.jpg

午後からは、ジュメイラ・ビーチへ行きました。
街中からは少し離れたところにあるのですが、
とても静かで美しいビーチがあり、
たくさんのホテルが建ち並ぶ、
ドバイ随一のリゾート・エリアです。
昼間はやはり日差しがきついため、あまり人はいませんでした。
残念ながらこの日は見ることができなかったのですが、
アラビア湾に沈む夕日がとてもきれいなのだそうです。

hotel1.jpg

hotel2.jpg

hotel3.jpg

ドバイにはたくさんのホテルがあります。
あの有名な7つ星ホテルのバージ・アル・アラブをはじめ、
ジュメイラ地区には5つ星ホテルがたくさんあります。
このジュメイラ地区はリゾートエリアなので、
高級ホテルが多いのですが、
ドバイの中心部であるデイラ地区には、
1つ星以下の安いホテルもたくさんあります。

スポンサードリンク

posted by トラベラー at 20:07 | ドバイ旅行

ドバイ旅行その3

《3日目》
この日も朝から仕事です。
ご存知のようにドバイはイスラム教の国です。
街中にいくつもきれいなモスク(イスラム教の寺院)があります。
イスラム教の戒律では、お酒を飲むことができないのと、
豚肉を食べることができません。
でも、ドバイでは、ホテル内や一部のレストランでは、
お酒を飲むことは可能です。

mosque2.jpg

mosque3.jpg

mosque1.jpg

ドバイの中心部には、クリークと呼ばれる運河が流れています。
そのクリークをはさんで、デイラ地区とバール・ドバイ地区に
分かれています。

creek1.jpg

creek2.jpg

市内の交通手段としては、タクシーがメインとなります。
路線バスもあって案外便利そうな気もするのですが、
時間がかかることや、バス停まで歩いたりすることを考えると、
やっぱりタクシーがいいと思います。
ドバイの日中はとても暑いので歩いて移動するのは大変です。

taxi1.jpg

bus1.jpg

ドバイでショッピングをするところといえば、
まず、ホテル内にあるショッピングアーケード。
有名ブランドショップがたくさん入っています。
次に、市内の大型ショッピングモールですね。
1階にはスーパーマーケットが入っており、
上のフロアにはブランドショップや専門店が入っています。
ドバイにはこうしたショッピングモールがたくさんあります。
そして、昔ながらのスークと呼ばれる市場です。
たとえば、ゴールド・スークには金や金製品を売っているお店が
たくさん集まっています。
また、スパイス・スークにはいろいろな香辛料を売っているお店が
集まっています。

town1.jpg

shop1.jpg

town3.jpg


スポンサードリンク

posted by トラベラー at 22:28 | ドバイ旅行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。